<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
bookmark.
about.
管理人へのメールはこちらから。リンクの際はご連絡ください。 sindy_tをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
other.
<< お散歩日和、犬とともに(2019.10.27) : main : 細野観光 >>
ルーシーに起こったこと

JUGEMテーマ:ペット

ルーシーもだいぶ歳をとった。しかし飼い主はいつまでもそばにいてくれるものとつい思ってしまう。

先日の夜中、実は大変なことがあった。

1時過ぎにバタンバタンと大きな音がしたのでルーシーに何かあった、と思って走り寄ってみると、おそらく急に立とうとして足がもつれて転んだのであろう、廊下で倒れたように横たわっており、そこにお漏らしもしていた。

それからは立つように促しても全くその気がない。虚な目を開けたままで寝ようともしない。

私は体をきれいにしてあげてから大きなバスタオルを体の下に差し入れて引きずるようにして部屋に戻し、2Fから床ずれ防止用のマットを持って降りた。この夜、ルーシーの命のページが一つめくられて、寝たきりになるような嫌な予感がしたのだ。購入済みの老犬用カートも組み立てよう。着たままねんねのハニカム胴輪も出した。

目を見開いたままどこか打ったのかもう動こうとしないルーシー。

翌日は一日中散歩を拒否。ただ横になっている。先生に往診を頼むことを考える。

後ろ足に悪性腫瘍ができた時も手術して乗り越えて、また歩けるようになったじゃないか、MRIも撮りに行ったけど異常なかったじゃないか、などとグルグル考える。いつまでも同じにいてくれると思っちゃいけなかった。

 

ところがそのまた翌日、、、、ルーシーはほぼ普通に歩き始めて、散歩に行こう、と誘ってくれた!!

歩ける!!まだ寝たきりにはならない!!

昨日丸一日散歩を拒否して動かなかったルーシーの、あれはプライドだったのだろうか。

転んでお漏らししたことが悔しかったのだろうか。

しかしこんなに嬉しかったことはない。私に覚悟をさせてくれたルーシーに感謝。

そしてまだいっしょにお散歩してくれることに感謝である。

 

 

やはり子猫には優しく自分の身体を子猫のベッドに提供していた

 

: ルーシー : 01:02 : comments(6) :
お久しぶりに拝見してずんと胸に来た。いつも、同じように時が過ぎると思って居るけれど、生き物は歳を重ねて行くことから避けられないものね。寂しいけどある時から犬はその流れが早くなってしまう。頑張れでも無理しないで、もう暫くママの側に居てね。応援してますルーシーちゃん&まま
: るんるん : 2019/11/01 9:53 PM :
るんるんさんありがとう。時々大きくガクッと歳をとる時があるみたい。いつまでも私のベビーのように思っているけど、もうとっくに私を追い抜いて行ったんだよね。
: シンディまま : 2019/11/02 12:57 AM :
ごめん、全然みてなかった。
ルーシーどうしたんだろう。
脳貧血?かな。
また、歩けたんだから前庭疾患じゃないよね。
でも、もうすぐお誕生日。
嬉しいわ。
: スママ : 2019/11/04 5:30 AM :
歩けないきっかけは前庭疾患とかではないよ。ごくわずかしかない体力を惜しみなく使ってしまって丸一日寝たきりになって翌朝はお散歩行きます!になる。昨日はウンチもトイレに間に合わなかったけど、今日は普通にお散歩できました。
: シンディまま : 2019/11/04 10:29 AM :
転んで起きれなくなって、漏れちゃって悔しくて一日中フテてたのかな。
何かの拍子に、出来てたことが出来なくなるかもだけど受け入れて行くよね。
生きることをあきらめへんから。
あと少しでお誕生日&#127882;
たくさんのおめでとうを(^.^)
: bawnon : 2019/11/04 11:28 AM :
そう、悔しかったしショックだったみたい。足が流れてる時は私がすぐに後ろ脚を整えると満足する。でも大が間に合わなかった時は、一日中寝たきりになった。プライド半分ほんとうにしんどいの半分と思う。
: シンディまま : 2019/11/05 1:26 AM :









http://mydearest.lovedog.mods.jp/trackback/859890