<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
bookmark.
about.
管理人へのメールはこちらから。リンクの際はご連絡ください。 sindy_tをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
other.
<< これは地域猫活動ではないけど地域猫活動だった話 : main :
始まりは猫なんでも相談会

新宿区保健所では年に1回、ねこなんでも相談会を催している。問題の多い地域や、ボランティアからの要請で場所を決め、相談会を開く。

そんな中で、お年寄りが外猫10頭にご飯をあげていて、いつまで続くかわからない状況。ねこたちの行く末が心配である、と言うご相談があったのはもう5年くらい前だっただろうか。私は相談者が困っておられて大変真摯な様子だったので忘れずに連絡先などをメモして、実際に現場にも行ってみたのだが、場所が判然とせず、猫のいる様子もなかったため、諦めて戻ったのであった。
しかし相談者さんもそのままにせず、当時まだ開業していたボランティア精神の高い動物病院にて次々と不妊去勢手術を進めてくれていた。
その後、私に連絡をくれた。全ての猫の手術を終えたがまた新しい猫が入ってきた、と言うものだった。私はすぐに行き、新しい猫を捕獲して、不妊手術を手伝った。この子はあらかじめ老齢でここにたどり着いたらしく、半年ぐらいしてお庭で眠るように亡くなっていたと言う。
さらに時は流れ、恐れていたことが起こった。この高齢のおばあちゃんがとうとう脳梗塞で倒れ、猫の世話が厳しくなったのだ。
一時は全ての猫を引き上げて終生飼養してくれる施設に送ることも考えた。
一人で知恵をしぼるよりも、歌舞伎町地域ねこの会のHさんと思い切ってお家を訪ねた。
同じ家屋を分けて住んでいる義理の妹さんともお話し、リハビリ中のおばあちゃんにまだしばらく頑張ってもらうように、周りでサポートすることになった。
甥御さんが猫のフードを買ってきて、すぐに出せるように缶に移しておいてくれている。妹さんは何くれとなく掃除をしたり庭猫への餌やりを手伝う。妹さんも犬好きな方で、施設に送るのは命だから可哀想、と理解を示してくれたのだ。
それから私たちは2〜3ヶ月に1度ずつお尋ねしては掃除をしたり、猫話をお聞きしたり、元気付けては帰っていた。
そして今日はすっかり古くなってしまった猫小屋(お庭に設置されている)を新しくし、お庭を大掃除してとてもスッキリした。
猫小屋はプラスティックケースを使っているので雨風がしのげるし、中には断熱材を敷いて暖かくしてある。
しばらく様子を見てから、悪いところは改善して猫たちにもっと居心地の良いものに作り変えたい。
おばあちゃんは大喜びでコーヒーを入れてくれたり帰りにリンゴとミカンをくださったり。
そして猫ラブなお話しは尽きることがない。
猫たちはすでに10歳前後になっているため10頭いた猫たちも現在は7頭になっている。
またお邪魔しますね、おばあちゃん!!
お庭は長年のキャットフードがこびりついてハウスもちょっとくたびれています
中に断熱材を敷いた新しい猫小屋。様子を見て平屋にするか入り口を狭くするか、改良の予定。
見えにくいですが100円ショップで買ってきたお盆と箱をエサ置き場にしたら、みんなすぐにやってきて食べくれました。
下のお部屋には2頭で入ってくれて良かった!!
: 犬猫問題 : 18:15 : comments(0) :









http://mydearest.lovedog.mods.jp/trackback/859857