<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
bookmark.
about.
管理人へのメールはこちらから。リンクの際はご連絡ください。 sindy_tをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
other.
<< 関西から友来たる・・・楽しいことがいっぱい : main :
言いたいことが怒涛のよう・高齢者とペット

活動が忙しいとメモ代わりと思っていても記事を書くのが遅れてしまう。

とりあえず大事と思うことを書こう。
高齢者とペットの問題については以下の記事も参照にしてください。
飼い主が高齢者である場合、ペットを手放さざるを得なくなるのはほとんどが病気か死亡によるものである。
周囲の人間(親族や友人知人)があらかじめ保証人になっていたり、ペットを引き受ける約束ができている場合は、譲渡を考えても良いとは思う。
今回は、経済的に裕福な親族が、認知症になって施設に入った飼い主に変わって残された犬、メスのルビーちゃんの面倒を見ることはなかった。
最初は病院のペットホテルに預け、途中からホテル代を打ち切りにして安楽死を求めてきたという。
そういうことはこれからも起こり得る。
動物病院の獣医師が全く健康でまだ7歳と若い犬を、頼まれたからといって安楽死できるわけがない。
少し時間はかかったが、私はこの子に相応しい新しい飼い主さんを見つけることができた。
途中で快くルビーちゃんを預かってくれたのはちくわ氏の時もお世話になったNさん。
ルビーちゃんは玄関の土間から家の中に上がるときには少しおずおずしていたらしいが、Nさんの家でソファでTVを見ることを覚えたらしい。
ボランティアだけがこうして保護譲渡を繰り返していくのには限界がある。犬だけでなく猫でも問題は一緒だ。
東京都では保護譲渡にも力を入れ始めていて、大変ありがたいが、自己責任と自己資金だけでそれを繰り返すと疲弊する。
だから保護譲渡をやめたいのではなく、もっと行政とタッグを組めるようにしていただかないと負担が大きすぎる
また、これからもっと高齢者とペットの問題は増えてくると予想されるので受け皿対策をきちんとしてもらいたい。
: 犬猫問題 : 15:25 : comments(0) :









http://mydearest.lovedog.mods.jp/trackback/859854