<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
bookmark.
about.
管理人へのメールはこちらから。リンクの際はご連絡ください。 sindy_tをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
other.
<< 11月のうんうんWALKと12月の花植え : main : 2016年最後のうんうんWALK終了しました >>
行き場のない動物に新しい家族を探すこと(譲渡会にお誘いいただいて)

私はそもそも捨てられている子猫の保護から地域猫活動に入り、遅れ遅れのTNRをしてきたので、後から始めた人の振り見て我が振り直すようなところもしばしばであった。今ではよほど要領の悪いことをしてさえいなければ、やり方はそれぞれで良いと思う。ただ広報することと交番への届出、情報収集は鬼のようにした方が後々楽であると思う。

元栓を閉めて啓蒙もするが一緒にやってみたいという人にはお目にかからないものだ、滅多に。

もしかしたら情報収集やポスティングをしている時の私の目が血走っているのかもしれない。

 

どうしても子猫が生まれてしまっている現場があり、今年は特に気候に変動をきたしているせいなのか、猫の出産も変動しているようだ。親猫を捕獲手術する際子猫もおまけについてきたりする。子猫だけ放っておくということはやはりできない。第一貧乏性なのかせっかく入った猫をその場で戻すということが勿体無くて出来ないのである。

 

それで保護したてはほとんど病気持ちか、数々の寄生虫を宿した小さな連中を綺麗にして病気の治療もして英語で言う所の「forever home」を探す。その大変さと言ったらない。不幸な猫再生産にならないようにありとあらゆる手を尽くし、ようやくこの人なら、というところにたどり着く。たどり着くまでやる。でないとボランティアの家は猫屋敷になる。

 

だから今回の猫の譲渡会へのお誘いは大変嬉しかった。たとえ今回は決まらなくても、そういう道がもっと開けてくれば良い。そして猫を飼いたいならペットショップではなく、譲渡会で探す、ということが普通になってくれれば良い。

 

(TBSハウジング渋谷東京ホームズコレクション住宅展示場内のモデルルームの1棟を、キャットフレンドリーウィークエンドというイヴェント会場として猫の譲渡会に使うことができました)

 

バジクル疲れたね

 

物怖じしないチビチビもお疲れ

 

お客様は途切れることなくきていただきました

 

イヴェントの一環として美味しい紅茶とクッキーが無料で振る舞われ、エマ・ブリッジウォーターの素敵なティタオルやマグカップも購入できました。

: 地域猫・里親募集 : 23:48 : comments(0) :









http://mydearest.lovedog.mods.jp/trackback/859832