<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
bookmark.
about.
管理人へのメールはこちらから。リンクの際はご連絡ください。 sindy_tをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
other.
<< 覚書として 2 : main : ゴールゼロいのちの授業「どうぶつとなかよくなろう」 >>
新宿ふれあいフェスタ2016に今年も参加しました

今年も無事、「第36回新宿ふれあいフェスタ」にペット防災をメインにしたブースを出すことができました。

基本的な柱は昨年と変わりません。

パネル展示(NPO法人アナイス及び日本救助犬協会協力)ペット相談コーナー(しつけ・食事)、そして大人気の警視庁警備犬のデモンストレーション、災害救助犬デモンストレーション(NPO法人日本救助犬協会)、子供たち大喜びのセラピー犬との触れ合いです。

 

今年新しく加わったのが防災グッズパッキング体験。ダミー(不正解の品)も含めたペットのための防災グッズを自ら考えてリュックに詰め込む体験コーナーと実際パッキングするとこんな重さになる、という重さ体験コーナーです。

たくさんの人達が体験してくれました。中にはじっくり考えてリュックに詰め込んだものが全て正解のすごいお母さんも!!

またペットと子供とリュックで逃げられるのか、実際お子さんも抱っこして感触を確かめる方などいろいろ。

昨年よりももっと身近に防災を感じ、自分が飼っているから、というばかりでなく、妹が飼っているから、知り合いが飼っているから、あるいは自分は飼ってはいないが知っていた方が良いから、と関心を持つ方の幅も広がっていることを感じました。

もちろんこちらのテントには最終兵器「元新宿区保健所職員高木優治さん」が来てくださって訪問者を呼び込む呼び込む。最後はみんなのど飴を舐めながら頑張りました。

 

アナイスさんからお借りしたパネルは昨年のものより内容がより濃く凝縮されており、情報量がとても多く、テントの周りに展示して1日で片付けてしまうのはちょっと勿体無いような気がしました。

 

各種パンフ取り揃えました。避難時に準備するものの一覧などもあります

 

実際に3キロのリュックを背負って子供も抱っこできるか試しているお母さん

 

ペット相談コーナーとリュック詰め込み体験コーナー

ペットがいつも使っているお薬やペットの写真、愛犬手帳などのほかダミーもあるので騙されないで

 

都会では犬を飼う家庭も少なく子供たちは犬に夢中

 

警視庁の方達と段取りの打ち合わせ。犬も人もキビキビしていて気持ち良い

 

牛込地域ねこの会メンバー作成の災害救助犬のデモンストレーション用の小屋

 

何れにしても昨年より今年の方が手応えもあり、防災への関心の高まりを実感できました。来年への課題も見えて来ましたので、引き続きよろしくお願いします。

共催 新宿区保健所衛生課 牛込地域ねこの会 牛込ワンワンパトロール 神田上水公園サポーターズ

: 犬猫問題 : 00:01 : comments(2) :
お疲れ様でしたあ
: たわーさくら : 2016/10/18 9:16 AM :
たわーさくらさん
ありがとうございます。来場者が増えて良かったです!!
: シンディ : 2016/10/18 12:50 PM :









http://mydearest.lovedog.mods.jp/trackback/859827