<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
bookmark.
about.
管理人へのメールはこちらから。リンクの際はご連絡ください。 sindy_tをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
other.
<< 11月のうんうんWALK : main : 2015年最後のうんうんWALK >>
28日のイベント「餌やり禁止じゃ解決しない」@新宿区人猫セミナー
 28日には新宿区で毎年開催され今年で15回目になる”人と猫との調和のとれたまちづくりセミナー”「猫問題 餌やり禁止じゃ解決しない」のお手伝いをした。ほぼ毎年42825(四谷猫)の根井さんと受付をしている。内容はおなじみ新宿区保健所もと職員の高木さんとねこだすけの工藤代表による講演、そしてメンバーに台東区保健所係長の高松さん、チームSLP代表の田谷さん、国立地域猫の会代表で猫のゆりかごの後藤さんが加わってのトークセッションであった。
餌やり禁止条例ができた自治体があり、かつ福岡地裁において猫に餌やりをしていた人物に対する罰金支払いの判決が下りたこともあって、大変な盛況であった。
実にタイムリーといえる。
猫のTNR活動をしている方たちはもともと餌やりさんであったという方が多いのだろうか?
私の場合は捨て猫の保護から入っているのでまた少し見え方が違うかもしれない。餌やりをしたことはないが、TNRをした現場の管理の一環として餌やりに関わることはしばしばある。
餌やり禁止が猫問題を解決するか?というと全くそうではないのはわかりきったことでこの日に集まった方のほとんどがそのことを重々承知であったと思う。それだけに質問は深く、重く真剣なものが多かったようだ。
私はこの翌日TNRを控えていたが、的確な場所にトラップを仕掛けることができたのも、短時間で撤収できたのも、すべてここで餌やりをしていた方からの情報の賜物であった。手術代金はこの餌やりさんが持つことになっているが、他にここでのTNRを知ってかんぱをしてくれた餌やりさんがもう一名いたことも付け加えておく。
餌やりさんは重要な情報源であり、やせ細った猫が子猫を産み育てているのを見て、餌をやる他になんとか打つ手はないものか、と相談にいらっしゃるのである。その人たちが訴えられて罰則をうけるとしたら釈然としない。だから、なおさらのこと今どうしたら良いのか、三者協働を謳うことの責任は大きい。
: 地域猫・里親募集 : 22:14 : comments(2) :
私の住む地域は
餌やりを全面的に禁止で
破った者には罰金が有りまして
それにより、ひと月で猫被害や
野良猫が居なくなりましたが。
貴方たちの仰る餌やり禁止では
解決しないといった理論は
詭弁でしかないですよハッキリ言って。
: リュウ : 2017/04/11 5:00 PM :
リュウさんコメントをありがとうございます。
餌やりをして野良猫を増やし糞尿被害を増長することには絶対反対です。
野良猫が増えないように去勢不妊手術をして管理していく、と言うのが東京都及び新宿区の施策なので行政に従って活動しています。
: シンディ : 2017/04/11 6:48 PM :









http://mydearest.lovedog.mods.jp/trackback/859805