<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
bookmark.
about.
管理人へのメールはこちらから。リンクの際はご連絡ください。 sindy_tをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
other.
<< 夢を見た : main : 長いお休みのお詫びとお知らせ >>
寝ている間に本を読んだ
JUGEMテーマ:読書
病気になってすぐは苦しくて本も読めなかった。だんだん咳の発作が起こらない時間は横になったまま本を読めるようになった。
それで、読みたい読みたいと思いながら抱えていた本を読み始めた。
ギャラリーで「いきものばかり」の展示をしたときに久しぶりに会った大学時代の友人が書いた本、読みかけては枕元に積んでいた「ドレミを選んだ日本人」を時間にあかせて読んだ。
久しぶりに楽書なるものを読んだ感じ。
すごく面白かった。


多分私たちが大学で学んだのは「音楽という概念の自分なりの捉え方」であったと思う。
私の両親は私が生まれた時からジャズやシャンソンを聴いていたので私にとって音楽とはそういうものだったし、歌舞伎は爺さん婆さんの見る古い演劇で三味線やお琴は特別な世界の人たちの演奏するものと思っていた。でも本当はそうじゃなかった。日本音楽というのがあったのだ。大学で初めてそれを習ったような気がする。いつから日本人は「ドレミ」のほうが自然に聞こえるようになったのか?とても興味深いではないか?
かなり専門的な用語が多いので一般的ではないかもしれないが、面白かった。
「ドレミを選んだ日本人」千葉優子著・音楽之友社刊

続けて「ドイツの犬はなぜ吠えない?」福田直子著・平凡社新書を読んだ。
ドイツ人は一度決めたら定規でひいたようにまっすぐに進む?
動物愛護もなんだかそんな感じ。
私は犬税をとってそれで捨て犬などを保護しているのかと思ったら、保護センターはほとんどが民営で多額の寄付で成り立っているのだ。犬税は安易に犬を飼わせないようにするための抑止力だそうで。

それから自分の好きなイギリスの旅本。TVもロンドンオリンピックに照準を合わせて英国特集が多く、毎日録画にいそしんだ。外に出られないので気分が良いときは録画を見て消化したりした。

Figaro voyage vol27「ロンドン案内。」

これから読む本は「ゼロ」片野ゆか著・集英社と「犬から見た世界」アレクサンドラ・ホロヴィッツ著・白揚社。「犬から見た世界」はぱらぱらとめくっただけでもうわくわくしてしまう本。原題の『Inside of a dog』what dogs see,smell and know からもどんな中身なのかが伝わってくる。そして犬を愛するがゆえに犬の内側に立って見たいと思う。


でもちょっと元気になってきたからまた本を読む時間は減るかな。
 
: : 21:39 : comments(0) :









http://mydearest.lovedog.mods.jp/trackback/859648