<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
bookmark.
about.
管理人へのメールはこちらから。リンクの際はご連絡ください。 sindy_tをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
other.
<< Sindy@家冬の風物 : main : チコとルーシーは仲良し >>
アイ・ウェイウェイ展ー何に因って?
ふと時間ができたのでアヤちゃんを誘って一緒に森アートセンターまでアイ・ウェイウェイの展覧会を見に行って来た。
息子が気に入ってすでに2回見に行っており、夫もとても勧めてくれていたので楽しみに出かけた。

中国はすでにGNPで日本を抜く勢いである。それでいて、今にもひっくりかえりそうな、アンバランスな卵を内に抱えた巨人のようにも思える。
そんな中で生まれたコンセプチュアルアートなんだな、と考えた。
政府への批判のメタファーとして捉えられやすいが、そうは言っていない。
にもかかわらず何度も逮捕されているという、存在そのものが刺激的なアートのようだ。

フラッシュをたかなければ写真撮影可。


上から見ると中国地図になっている古い木を使った作品


月の箪笥


古い寺院の断片で作ったオブジェも上から見るとちゅうごくの地図になっていて台湾つき

11月8日まで、六本木ヒルズ森タワー53階・森美術館にて
: アート : 16:35 : comments(2) :
とても行ってみたい

でもココまでは来ないでしょうねぇ

実際観ていないからわからないけど

月の箪笥・・好きです

中国は人口も多いし、民族も生活も多様で

色々と大変でしょう
: るんるん : 2009/10/10 8:12 PM :
☆るんるんさん
この展示はこれで終わりかなぁ。残念。
中国は気になる国だけどいつの間にか、
ヨーロッパよりも遠くなっている。

月の箪笥は箪笥の穴から次の箪笥を覗きながら写真を撮ると
美しいです。
: Sindyまま : 2009/10/11 11:38 AM :









http://mydearest.lovedog.mods.jp/trackback/796910