<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
bookmark.
about.
管理人へのメールはこちらから。リンクの際はご連絡ください。 sindy_tをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
other.
<< 里親募集と負傷した猫の保護 : main : 中野区で保護の生後1ヶ月の子猫たち >>
Sindyのカルテ
今までに我が家で亡くなった正規の猫が2頭(サティとワブ)、それからわんこがSindy。現在猫6頭にわんこのルーシー。
エンドー先生のところにある我が家のカルテの厚いこと!!
「えーっと今日はCocoちゃんね」と言いながら、Cocoのカルテにたどりつくのも大変だ。
すると先生「少し整理したいんだけど、Sindyのカルテ捨てるのも嫌だし・・・持っていく?」
「はい、もらっていきます」とわたし。
「あ、でも見ると悲しくなっちゃうかな。」
「いえ、あの子が生きてきた記録だから。」
すると先生はごっそりSindyのカルテを抜いて「はい」と私に渡してくれた。
なんだか「わぁい」と言って手提げにいれてしまった。
「サティのは?」と聞くと
「Sindyちゃんのお家のカルテの表紙だからこれはとっておく」と先生。
私がはじめて飼い始めた動物がサティだから確かに我が家のカルテの一番上はサティなのだ。
たぶん、毎回見てもらっている保護猫たちのカルテは別になっているか、あるいは廃棄してあるのだろうと思う。

家に帰って机に座ってあの子のカルテを見た。
先生の独特の字で生後2か月で我が家に来て、初めて先生のところにうかがった日の記録から始まっている。
待合室に座っていると先生が2階から下りてきて「うわぁ可愛い。」とSindyの頭をなでてくれたっけ。
カルテの一番上にいつも赤字で「アレルギー」と注意書きがある。
血尿がでたときもあったっけ。
その日は昼ごろからの新幹線に乗って京都に行く予定だったので、先生に無理を行って一番に見てもらったんだ。
ストルバイト結石のときもあった。
心電図もたくさん。
アレルギー検査の表もある。
レントゲンもとった。湿疹ができた場所がかいてある絵・・・
いろいろあったな。
最後のページは「突然の不整脈」「死亡」で終わっている。
やっぱり涙が出た。


: Sindy : 08:15 : comments(8) :
良い先生ですね。
何よりも「Sindyちゃんのお家のカルテ」の、言葉にしびれます。
共に病気や怪我と闘った、ままさんのSindyちゃんへの愛と
Sindyちゃんのままさんへの信頼の詰った記録、宝物ですね。
私もさくらのそういう記録が欲しいです。
我が家は何度も引越ししたり、納得ができなくて医院を変えたりで、
そういう記録が無いんです。
でも、最後のページで、私も涙が出ると思います。

メールを有難うございました。
: ゆめ鼓 : 2008/06/05 7:30 PM :
シンディ、かわいいよね。
ねこたちとこうやって丸まってる写真だいすき。
シンディ家はパラダイスよ。

E先生みたいな先生に出会えてよかったね。
いい先生。

シンディ、また花びらになってきてくれるかなあ。
それともちょうちょかな。
シンディ、だいすきよ。
: Apimama : 2008/06/05 9:07 PM :
きゃわいい〜〜〜ぃ!!
Sindyちゃん、本当にと〜っても優しいオーラが出てる。
生きた記録、本当にカルテは宝物ですよね。
でも、今だってきっとママ傍に居てくれるはず。
バディーとバナナ食べてると、いっつもSindyちゃん思い出す。
もしかして、ココに遊びに来てる?とかね(笑)
だって、バディーが妙に誰も居ない隣を気にして、焦ってるから。
ジージョじゃないのよ、ジーはテーブルの下から狙ってるから。
我が家のBG、ルーシーちゃんみたいにお行儀良く
足元で伏せなんかできないですから〜(泣)
: バディキュン : 2008/06/06 12:21 AM :
☆ゆめ鼓さん
先生とのお付き合いの長いことと言ったら・・・
Sindyはわたしにとってはやっかいなお嬢さん。
半分空気のように分かり合える関係になっていたけど、
いつまでも幼稚園児だった。
幼稚園児なのに最後は我慢して我慢して可哀そうでした。
でもカルテはやっぱり宝物ですね。
物語がそこにはありました。

すてきなものをありがとう!!
: Sindyまま : 2008/06/06 12:00 PM :
☆Apimama
そうそう、ルーシーではこれはないよ。
どの猫もふんづけられているからね。
ルーシーが来るとクモの子を散らすように解散してしまうよ。
kikiだけがすりすりしてくれる。
Sindyのときは寒くなるとみんな暖をとりにきてたんだけど。
それでいつも心が和まされたものです。
: Sindyまま : 2008/06/06 12:03 PM :
☆バディキュン
ごめんね〜、いっつもSindyがバナナ狙ってて(爆)。
思い出してくれるとそこに行くのよ、きっと。
思い出すのは偶然ではありません、って聞いたことがあるから。

おルルだってお行儀がいいわけではなく諦めるのであって・・・

テーブルに向いて微動だにしなかったバディのりりしい横顔を
思い出すなぁ。
またみんなで会いたいね。
: Sindyまま : 2008/06/06 12:06 PM :
この写真の子がSindyちゃんね。
可愛い♪
いいなぁ、そんなカルテくださるなんて、ホントにいい先生だね。
うちもナナのカルテはすごく分厚い。
大学のも近所の病院のも。
こっちへ来て3年しか経ってないのに、
どんだけ病院へ通ったことか・・・。
持病もだけどケガも多かったからね〜。
関西へ帰るにあたって、今までの治療記録や紹介状は書いてもらいつもりだけど、記念にカルテ下さいなんていっても、それはムリだろうなぁ。
そうだ、次にどこの病院にいくかもまた悩んじゃう(×。×)
: ななんず : 2008/06/06 2:42 PM :
☆ななんずさん
はい、この子がSindyです。
はじめて飼ったわんこだったのでもう夢中でやってきたという感じでした。
そこへいくと2頭目のルーシーは気楽に可愛いと言えます(笑)
ナナちゃんもカルテ分厚いんですか?
飼い主と作る歴史ですね。
病院も新しくなるのでお引越しはやっぱり一仕事になりますね。
大変だけどがんばって。
関東組が減ると思うと寂しいですが・・・
: Sindyまま : 2008/06/06 10:35 PM :









http://mydearest.lovedog.mods.jp/trackback/650123