<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
bookmark.
about.
管理人へのメールはこちらから。リンクの際はご連絡ください。 sindy_tをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
other.
キジトラって

 

譲渡会のチラシを作ったものの、ネットに里親募集を載せたら実はすでに3匹にお申し込みあり。

会場には行かないかもです。
他にも可愛い子猫たちがたくさん出ますのでぜひこまばサロン暖炉の譲渡会にお出かけください。
4匹のうち3匹にお問い合わせ、ん?
キジトラ君唯一の男子が出遅れ。
こんなに可愛いキジトラいないのに・・・
キジトラファンの方、じっくり写真をご覧の上、遠慮なくこのブログのメールフォームからお問い合わせください。
まだまだおちびさんなのでお渡しまでにはお時間を頂戴します。
また、ご高齢の方やお一人暮らしの方は申し訳ありません、一人でお留守番のできる大人猫さんか年齢にあった猫さんをお選びください。
: 里親募集 : 23:42 : comments(0) :
一時危篤からのラッキーボーイとセンターからお預かりの子猫たち

日曜日はお見合いが2件ありました。すでに兄弟で2匹ずつで譲渡された新宿区内の子猫たちですが実は保護後、一時危篤になった5番目の子がいました。隔離預かりボランティアの落一地域ねこの会の関さんが泣きながら呼吸の止まったこの子を動物病院に抱いて駆け込み、先生方の懸命な治療で一命を取り留めた子です。

一番小さくて一番お母さんから離れなくて、お母さんをリターンするときにお母さんを囮にしてようやく捕まえた子です。地元の皆さんがトラップの餌替えに行ってくれたり、梯子をかけて降りやすくしてくれたり、たくさんの人たちの善意と愛で捕まえた子です。

この子に素敵な家族を紹介してくれた小川さんはお習字の先生です。

お見合いの間中、こちこちになって固まっているだけでしたが見事ご家族のハートを射止めたようでした。危篤からラッキーボーイに!!

先にもらわれた兄弟

 

この兄弟も一緒のお家です

 

そして危篤から蘇り善意のリレーでお見合いにたどり着いた末っ子

 

動物愛護相談センターからきた乳飲み子も離乳食を経て現在新しい家族を募集中です。

4頭いるので2匹ずつ兄弟でもらっていただけるとこの子たちも幸せですが、、、同じ日にお見合いしました。

一番おっとりさんのグレー白男子にお声がかかりましたがお見合いしてみたら何ともう1匹、と言ってくださり、こんなに嬉しいことはありません。素敵なご夫婦でした。

 

この二人は一緒のお家に!!

 

そしてなお募集中はこの子たち

真っ白な女の子で目はブルーグレー

綺麗なミケで頭が良くグイグイ来ます。ミケファン垂涎のまと

 

気になる方はこのブログのメールフォームからお問い合わせください。

メールフォームは

この画像をクリック!!

: 里親募集 : 23:50 : comments(0) :
荒川区の譲渡会 オレンジチャンス

社会教育関係団体Withの主催する犬猫譲渡会に参加しました。

(後援:荒川区、荒川区教育委員会、荒川区社会福祉協議会)

オレンジチャンスという譲渡会です。区立公園の中にある区の建物の中で行われる譲渡会です。

そこでなかなかお声のかからなかったポンド君に素敵なご家族からトライアルのお申し込みが入りました。

 

それから千葉県銚子市で保護された銚子丸、全くお声がかかりませんでしたが、こちらの譲渡会でキュートさが大人気。

私も里親募集のお手伝いをしていながら実際に会うのは初めてでした。

お顔だけじっと見ていると柴犬、しかし立ち上がるとコーギーです!!そのアンバランスな可愛さといったらありません。

何より収穫だったのは保護主の方にお会いできたこと。

愛情を込めて大事にケアされているのがよくわかりました。強い信頼関係ができていました。

なので譲渡会場に入った途端、保護主さんは何ども大粒の涙を流され、嬉しさと寂しさ、銚子丸への愛情がないまぜになってしまったのだと思いました。

今回はチャンスに恵まれませんでしたが年配の方たちが可愛くて飼いたくてたまらない様子で、最後は諦めて(お断りしたので)泣ながら「良い人のところに行くんだよ。幸せになってね」と帰って行かれました。

 

 

可愛い銚子丸君(通称チョシ)に興味を持たれた方はこのブログのメールフォームからもお問い合わせください。

ペットのおうちURL

 

声をかけてチャンスを下さった東京都動物愛護推進員の館山さん、ありがとう!!

ポンド君を長い間大切に育ててくれた北新宿ちいき猫の会のボランティアの榎本さん、ありがとう!!

銚子丸を大切に保護してくださっている入野さんも本当にありがとう!!

入野さんには北新宿ちいき猫の会の専属モデルもお願いしたいくらいです(美)。

たくさんの善意が繋がって助かる動物は1匹から、それが素晴らしいのです。

: 里親募集 : 21:16 : comments(2) :
アパ太郎に命の危機が

 

 

アパホテルの裏側で飼い主さんを呼んで鳴いていたアパ太郎。男の子とは思えないほどガリガリに痩せ貧血も起こしていました。

他の猫の捕獲で入った現場に偶然現れた悲惨な猫でした。

人恋しくて簡単に捕まったアパ太郎には外した首輪の跡がくっきり。
まだ若く未去勢の1歳半のオスとのことでしたが体は骨と皮で貧血も起こしています。
お家の中で育った猫は急にお外に出されても、ゴミ漁りなどの餌の探し方もわかりませんし、たとえ餌やりさんがいてもなかなかすでにできている縄張りにはオスは入りにくいのでしょう。
1週間入院し、去勢手術、ワクチン、血液検査、検便、爪切りを済ませ、退院できたのですが、預かりボラさんの家で1週間後に大量に嘔吐してしまいました。
その吐瀉物はとても特徴的なものでした。
飢えて空腹に負けてなんでも口にしていたのではないか、と思える内容です。
ビニール袋の切れ端、プラスティック容器の破片、枯れ木などがぎっしり詰まった中に、全く未消化のカリカリや缶詰が巻き込まれて出てきました。
生きるためになんでも食べ続けたのでしょう。
しかし病院ではまだ胃の中に異物の塊があり、開腹手術で取り除く予定ですが、体力がなく貧血のため緊急入院と点滴でしのいでいます。
ところがここへきて、点滴が詰まるようになり、片腕が腫れ上がり壊死の可能性も出てきました。血栓ができて詰まっているとのこと。つまりが続いて細胞が壊死すれば肩から切断しなければなりません。つい先日までのほぼ危篤の状態からやっと上向きになったと思ったら力尽きてしまうのでしょうか。
なんとか生還して新しいおうちに行こうよ、アパ太郎。
頑張って乗り越えて手術も乗り越えて行こうよ。

 

私たちは毎日そう言って励ましています。アパ太郎はもう少し元気になったら新しい家族を必ず募集します。必ず幸せになってもらいます。

: 里親募集 : 23:07 : comments(0) :
おとめ山公園で保護のママ猫、ポロ

この子はもとママ猫です。

そして私はこの子が産んだ可愛らしい2頭の子どもたちを知っています。

私は子どもたちを保護し新しい飼い主さんを見つけ幸せになってもらうつもりでいたからです。

しかし7歳になるまで貧しい栄養で年に2回毎年出産していたためなのでしょうか?

私が両手を広げて待っていた子猫たちはみんな健康体ではありませんでした。

体の小さな1頭は、愛らしいミケでしたが、ねこの会の方が捕獲した時、居場所の芝生がドーナツ状に禿げていたというのですが、そのわけが病院でわかりました。生まれつきの脳の異常で同じところを同じ方向にしか歩けなかったのです。病院でやさしい先生たちに見守られながら発作を起こして亡くなりました。

もう1頭はとても賢いサビ猫でした。この子は一見元気で何もないようでしたが、耳に腫瘍があり、2軒の動物病院で手術、消毒、抗生物質の投与などで2ヶ月の闘病の後、たとえ短命であっても育てたい、とおっしゃる素敵な里親さんのお家にもらわれていきました。

 

残されたママ猫ポロは、地域猫として周辺住民の方達に食事と寝床を提供され、頑張って生き抜いてきましたが、上記の子どもたちをなんとか出産して3年経った今、大きく体調を崩しました。度重なる出産と過酷な外の暮らしで歯はほとんど抜け落ち、舌が出てしまっています。お外ではもう寿命だったのかもしれません。

しかし地元の方達の気持ちが繋がり、ねこの会が再び捕獲し、保護したことで一命を取り留めました。

 

7歳ですから高齢です。

外暮らしでしたが大人しく、たくさん子猫を育ててきた優しいママです。

どなたか理解のある方とご縁が繋がりますようにと祈らずにはいられません。

ご質問などありましたらどうかこのブログのメールフォームからお問い合わせください。

 

 

 

 

 

: 里親募集 : 23:25 : comments(0) :
小学生に助けられた猫、チェリー

チェリーはどのように発見されたか?


2月14日のことでした。郵便局の近くにある小さな公園で、喉が張り裂けんばかりの声で鳴いているのを、下校中の小学生男子たちが発見したのは。


その猫は薄いベージュ(パステル茶トラ)の人懐こい若いオスで、子どもたちに擦り寄って行きました。人恋しかったのでしょう。子どもたちはこの猫を家族に迎え入れたいとそれぞれが親に嘆願しましたが、願いは叶いませんでした。
それでも諦めきれなかった彼らは公園にダンボールハウスを作り、餌と水を毎日用意して面倒を見続けました。
2週間過ぎた頃に、公園では公園サポーターによる清掃があり、ダンボールハウスは撤去されました。


この日は朝から冷たい雨が降りしきり、心配した子どもたちが公園に様子を見に行くと猫はダンボールハウスの設置してあった場所の濡れ落ち葉を掘り、その中にすっぽり入って動けなくなっていました。
子どもたちは近くの心優しいお弁当屋のおばさんと公園サポーターのおばさんに「このままでは猫が死んじゃう」と助けを求めました。
新宿区の地域猫対策に捨て猫のレスキューと保護は該当しません。
しかし子どもたちがここまで面倒をみて何とか助けようとしていたその心を踏みにじることはできません。

また若いとはいえ、大人の猫がここまで人懐っこく人に助けを求めてくるとは元飼い猫であったに違いありません。
警察、保健所、愛護センターにも迷い猫届けなし、マイクロチップなしのこのベージュのオスは未手術で、しかもお腹の筋膜が薄いため脱腸がありました。
保護に向かったその日のうちに、去勢手術、脱腸手術、ノミダニ駆除、爪切りをし、2週間の完全隔離対応中です。

捨て猫のベージュ茶トラはチェリーという素敵な名前ももらいました。
私たちはチェリーに新しいお家を探します。子どもたちが安心してくれるような素敵な新しい家族を探します。


レスキューに奔走してくれたねこの会の関さんはこう言っています。

「1匹の猫をレスキューし、その時の判断とボランティアの覚悟次第で、飼い主のいない猫が外で暮らすか飼い猫になれるのか運命の分かれ道となります。沢山の愛が繋がれている地域猫活動は飼い猫になれる活動の可能性を秘めています」

: 里親募集 : 00:15 : comments(0) :
市場で保護された淀君のこと

ブログを最近はほとんど更新しなくなっていた。月に一度は公園清掃(うんうんWALK)の報告を兼ねて書いていたくらい。メインはFBになっている。しかし、このブログを読んでくださり、貰い手のつきにくかった猫を2頭も引き取って育ててくれた方がいた。

猫たちはみんな幸せになり、私や、保護したり育てたりした人たちがどんなにこの方に感謝したかわからない。
長い年月が経ち、その猫たちはそれぞれ病気で相次いで亡くなった。
このブログを復活させてまた記事を書こう、と思い立ったのはそのひとのためなのです。

さて、今回のメインテーマは淀君。

市場で保護された子。
もともと複数回出産して最後は死産したメス猫がいる、なんとかならないか、と言うご相談からある場所にTNRに入ったのがきっかけであった。皆さんに疎まれると言うよりは可愛がられていたので、懐っこい子であるが、流石に女の子は用心深い。
抱っこできそうなのに自らトラップに入ることなく、やきもきさせられた。
ある日リサーチに行ったところ、チュールやおやつを握った女性たちが猫待ち顔で立っていた。
聞けば今までに2回出産し、その度に職場で子猫を引き取っていたのだと言う。
そして3回目の出産に備えて、みんなは産箱まで用意していたが、全て死産に終わったのだ、と。
そのメス猫が今目の前にいて入りそうで入らない淀君である。ほとんど中猫(子猫よりは成長しているがまだ成猫ではない子猫)の大きさしかなく、痩せていてこれが本当に3回も出産したのだろうか、と言う華奢さである。
何れにしてもこの職場の偉い方とお話して、不妊手術後戻す、と言うことになっていた。
しかしながら・・・なんとか11時過ぎに捕獲できて獣医さんに運んだところ、気管支に達する重い風邪を引いており、体は栄養不足で小さく、全身が汚れていた。なんとか手術はできたが、このまま戻せば命の保証はない、と言うのである。
地域猫活動は猫を減らす、のではなく猫のトラブルをなくすことなので、愛護動物として法律で定められている猫を捕獲した後殺処分することは法律でできない。かと言ってこのままでは死ぬかもしれない猫を戻すこともできなかった。
とても懐っこく良い子です。ご飯をみると喉をゴロゴロ鳴らしながらケージから出てきてスリスリ。食べ終わるとまたスリスリしながらケージに戻る(笑)そんな子です。どなたかが手を差し伸べてくださるでしょうか?あるいは「ピンと来ちゃった!!」と言う方をお待ちしています。
一番上の写真は手術が終わって部屋に戻ってきたばかりの頃。まだ緊張している。
記事の下にある2枚の写真はもうすっかりリラックスできている様子。
体は2キロ弱ですがこれ以上は大きくならないようです。女の子で1歳半くらい。
不妊手術、ワクチン2回、検便、血液検査、ノミダニ処置など全ての医療行為は終わっています。
譲渡希望の方には実費のみ頂戴します。詳しくはこのブログのメールフォームからお問い合わせください。
質問だけでももちろんお受けします。
: 里親募集 : 00:28 : comments(2) :