<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
bookmark.
about.
管理人へのメールはこちらから。リンクの際はご連絡ください。 sindy_tをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
other.
これは地域猫活動ではないけど地域猫活動だった話

新宿区から他区へお引越しされた方からのご相談を受けた地域猫活動の仲間。

空き家で子育てしていた母猫とその子猫4頭が追い出されて路頭に迷っている、自分では捕獲もできない、と言う高齢者の方からのご相談である。
下見のつもりで行き、あとは地元の動物愛護推進員に引き継ごう。引き継ぐにしても伝言だけ伝えるのではなくリサーチをしておこう、と言うことである。
念のために捕獲器1台を手で下げて電車で50分。他に洗濯ネットとキャリーも下げて歌舞伎町地域猫の会代表と合流。
現地を見つつご相談者の家に伺う。
後の話をざっくり言うと、この家に、猫を案じ、餌やりをし、なんとかしたいと考えているご近所さんが大集合し、猫をこれからどうするべきか、話あいになったのである。
どのくらい経費がかかるか、幼い子猫はこれから外で冬を越させるのではなく、保護して譲渡する、ママ猫を始め前に生まれて中くらいの大きさに育った猫たちも全て不妊手術してリターン、餌はこのままやり続けるから大丈夫、飼い主は私たちということで地域猫にしましょう、手術代は出すから請求してください、と気持ちが良いほどトントン拍子に話がまとまってしまった。
こんなに気持ちの良いTNRのスタートは未だかつてない。
苦情者や猫嫌いの人の話を聞いて合意形成を図るのも悪くないかもしれないが、正直言うと、動物好きな人(良識的な範囲以内で)、優しい人に話す方がどんなに捗ることか。精神衛生上も大変良い。
そして一緒に現地を訪れた歌舞伎町地域ねこの会代表の人間力。私はアシスタント。
もちろん一人ではできないこと。
トラップ3台を車に乗せて駆けつけてくれた落合第一地域ねこの会、捕獲した5頭の入ったトラップやキャリーを運ぶために急遽車を出してくれたNPO法人猫花ネット。
みなさんありがとう。
これは新宿区内ではなく、全く他区での話であるけれど、これは地域猫活動で間違いないのである。
ご飯をください、とお外から入ってこようとする中猫さん。
三毛のママ猫。安心して、地域のみなさんがご飯をくれるって。
それに小さな方の子猫たちはみんなお家で暮らせるように頑張るからね。
: 地域猫・里親募集 : 00:00 : comments(2) :
ネコデギャルソンとあられちゃん

夏場のもふもふ需要が下がる時期にあられちゃんは持ち前の美貌で、ネコデギャルソン兄弟は獣医さんのご紹介で、それぞれ幸せになることができた。

世の中に、日本に、保護犬や保護猫をもらって育てよう、大人の子でも全く問題なく懐いてくれる、自分の年齢を考えたら大人を希望、そういう考えがどんどん広まってくれるといい。
幼齢の動物ばかりが売りに出されるということは、ものと同じにたくさん作られて無駄が出るがそのぶん上乗せで結局儲かる、ということだ。しかも無駄にされたり消費されるのは命である。
だからあられちゃんもネコデギャルソン達もみんな今一番注目される「保護猫の譲渡」で幸せになったすごい子達なのである。
ネコデギャルソンは4兄弟ですでに2兄弟は一緒に、以前も私から猫をもらってくださった素敵なご家族の元に行った。これも素晴らしいと思う。次の子もまた保護猫をもらおう!!
兄弟でもらわれるなんて至福。男子の方が大きい。
亡くなった先住さんが使っていたおもちゃがお気に入り
「何みてんの?」と新しい飼い主さんがコメントつけていらっしゃいましたが確かに!!
先住さんともどんどん距離が縮まりました
TNR中心で・・・と思いつつこんなに保護冥利に尽きることはない。
: 地域猫・里親募集 : 19:08 : comments(0) :
新宿区の猫なんでも相談会&ミニセミナーに思う 2

役所はあくまで役所なので、法律や条例に縛られています。しかしその中で高木さん(元職員)は何かを破らない程度に融通を利かせたり、私たちがやりたいと思っていることをできる範囲で後押ししてくれる名人でした。
高木さんがいたから神田上水公園に犬を入れ、公園サポーターの名の下に犬の飼い主を行政が気持ちよく受け入れる、あるいは禁止ばかり言われていた犬の飼い主さんたちが行政に近づける、そんな道を開いてくれました。もちろん時の町会長や現区長の吉住区議、ねこだすけ代表工藤さんのお力添えもありました。協働するということをわかりやすく学んだのはこの時の経験だと思います。別に喧嘩したり言い争って権利を手に入れる必要なんかないんです。どうしたら協働になるのか、それを考えれば良いのです。

工藤代表が当時、ボランティアを案じて反対していた保護譲渡についても、セミナーで来場者から質問があると「しっかりとした保護譲渡活動を行なっているこの方に答えてもらいましょう」と私に振ってくれました。信頼されている、ということが人間関係の基本です。

 

さて、ハイスペックで持続性のある活動家が精選されて残っている新宿区。保健所とは乖離も軋轢も生まれてきました。総会でその断裂は露わになりました。しかし一旦全てが露わになってしまえば、あとはそれを修復していけば良いのです。

もう一度、新宿区で地域猫対策の必要性を感じ、事業を始めた頃の初心に戻って、ボランティア(貴重な人材です)が動きやすいように一緒に考えればいいんです。ここ2年ぐらいは工藤代表は板挟みになっていらしたのではないかと思われます。今は大きな転換点にきていると思います。ここを乗り越えれば新宿区の地域猫対策事業はもっと良くなるはず。

 

最後に自分のことを少し書きます。

町会との接続が悪くなんとか打破したかったので地区協議会に入り、今年度から高齢者家庭のペットの見守りプロジェクトを立ち上げました。言い換えると地区協議会を後ろ盾にしようとしたわけです。

そこでたくさんの町会関係者や地域のネットワークで活動している人たちと知り合うことができました。地域のために働き、よりよい街づくりを目指す人達です。おかげで今年初めて正面から地域猫活動の年間報告書を町会掲示板に貼っていただくことができました。それまではイレギュラーな形で滑り込みで貼っていたようなものでしたが正面玄関が開けたのです。
区内の小学校2校で「地域猫の学校」(小学生対象の地域猫に関する啓蒙活動)を仲間と展開しています。参加者は42825,高田の馬場南町会活動者(リーダー)、プロのナレーター、獣医師、葛が谷公園サポーターの皆さん。

またゴールゼロのメンバーとして子ども向けの動物教室「いのちの授業」に参加しています。

今年はねこかつさんのミルクボランティアもしました。

しかしもちろん基本はTNRMです。
 

H13年に新宿区から愛護センターに持ち込まれた猫の総数は315匹でした。H27年度は残念ながら子猫の数が増えてしまいましたが合計21匹となっています。

 

 

 

 

 

: 地域猫・里親募集 : 12:00 : comments(0) :
新宿区の猫なんでも相談会&ミニセミナーに思う 1

71日は新宿区の猫なんでも相談会&ミニセミナーでした。

 

私が比較的はっきり地域猫活動を認識したのはH13年〜15年くらいのころだったかと思います。それはH13年に新宿区でにゃんにゃんセミナーが始まったことと、神田上水公園を含む地域が、東京都の飼い主のいない猫との共生モデルプラン事業の指定地域になったためです。私は愛猫家というよりは愛犬家のスタンスでした。
行政は縦割り構造のため、公園関係の行政部門からは「公園で猫に餌をやるから猫が来るんです」と言われてこう反論しました。

「ここは東京都のモデルプラン指定地域であり、公園内で管理されている猫の不妊手術は東京都が無料でしてくれたものです。」

私は東京都のHPからHALSプラン(第一次)をダウンロードし目を通していました。

時は流れ、ねこだすけの工藤代表に基本的なTNRのコツ、というより地域猫活動の方法を教わりながらバラバラだった個人の活動が新宿区長を名誉会長とする住民、ボランティア、行政の協働事業として位置付けられながら繋がっていったのがH20から。印象的なのは保護譲渡禁止、「可哀想」という言葉は禁句だったこと。もちろんまだ未熟だったボランティアが抜き差しならない状況に陥らないためのアドバイスでした。しかし私はこのころはまだ地域猫活動は相棒(その頃の)に任せており、自分はこんなアドバイスどこ吹く風で保護譲渡に専念していました。
さらに時は流れ、時代も変わりました。

区長からの委嘱を受けて幹事会メンバーとして活動しているボランティアは、各自が特色のある活動を始め、展開している状態です。

もちろん基本の基は変わらないのですが、みんな頭を使っています。

資金不足をどうするか、理解のない町会にどう食い込むか、各自で考えてなんとか成り立たせています。

猫算Tシャツを作って販売し(日本全国に発送しますよ)それで活動資金を得ている42825、誰か猫のことをやってもらえませんか?と担当者を探していた町会に飛び込み、その活動を確固たるものにしてしかも継続させている高田馬場南町会、町会というより歓楽街(おそらく日本一の)で地道に活動を続け、胸の痛むような子猫の姿を劇的に減らした歌舞伎町地域ねこの会、地元の住民や出張所を活動に巻き込んで生真面目な活動を続けている落合第一地域猫の会、などなど幹事会のメンバーは皆ハイスペックです。

他の活動者の批判をするのは簡単ですが、私はむしろ考え方がそれぞれだから学ぶものがある、と考えています。

そのテクニシャンの地域猫活動家たちの行動力と思考回路が、現在の、軸足が地につきすぎた保健所の力を大きく超えてきました。また工藤代表と時代的な齟齬が生まれてきたのも事実です。

続く

 

: 地域猫・里親募集 : 13:36 : comments(2) :
猫にまつわるエトセトラ

夜、突然の電話。

今までに2回TNRに入っている現場の餌やりさんからである。

「子猫が生まれています」とおっしゃるのかと内心ドキドキしながら受けたのだが、もっと深刻であった。

昨日まで元気だった猫のうち2頭が後ろ足が立たなくなっている、1頭はよろよろして体をあちらこちらにぶつけながら逃げて行ったが、もう1頭は横たわったまま動かない、というのだ。

横たわったままの子が亡くなっていたら解剖した方が良いのだろう、と考えてキャリーを持って現場に急行した。

結果からいうと倒れていた猫は必死の力をふり絞って草むらに逃げて行ったのであるがフラフラで普通の様子ではない。

 

その場の状況は確認できた。もちろん何か証拠があるとか、いかにも怪しい人がいる、というわけではない。

しかし以前にも猫の不審死があった場所と近いので、近くの交番に届け出た。

警察官1名が現場まで同行の上、私の説明や餌やりさんの話を聞き生活安全課にも連絡を取ってくれた。

もし明日新たに猫の死体があったら即連絡ください、と言ってくれたので大変心強かった。

気にかける人が誰もいない、ということは治安の悪化も招く。

その足で現場まで来てくれた警察官の方はそのことをわかっておられたようだ。

 

 

 

: 地域猫・里親募集 : 23:39 : comments(0) :
行き場のない動物に新しい家族を探すこと(譲渡会にお誘いいただいて)

私はそもそも捨てられている子猫の保護から地域猫活動に入り、遅れ遅れのTNRをしてきたので、後から始めた人の振り見て我が振り直すようなところもしばしばであった。今ではよほど要領の悪いことをしてさえいなければ、やり方はそれぞれで良いと思う。ただ広報することと交番への届出、情報収集は鬼のようにした方が後々楽であると思う。

元栓を閉めて啓蒙もするが一緒にやってみたいという人にはお目にかからないものだ、滅多に。

もしかしたら情報収集やポスティングをしている時の私の目が血走っているのかもしれない。

 

どうしても子猫が生まれてしまっている現場があり、今年は特に気候に変動をきたしているせいなのか、猫の出産も変動しているようだ。親猫を捕獲手術する際子猫もおまけについてきたりする。子猫だけ放っておくということはやはりできない。第一貧乏性なのかせっかく入った猫をその場で戻すということが勿体無くて出来ないのである。

 

それで保護したてはほとんど病気持ちか、数々の寄生虫を宿した小さな連中を綺麗にして病気の治療もして英語で言う所の「forever home」を探す。その大変さと言ったらない。不幸な猫再生産にならないようにありとあらゆる手を尽くし、ようやくこの人なら、というところにたどり着く。たどり着くまでやる。でないとボランティアの家は猫屋敷になる。

 

だから今回の猫の譲渡会へのお誘いは大変嬉しかった。たとえ今回は決まらなくても、そういう道がもっと開けてくれば良い。そして猫を飼いたいならペットショップではなく、譲渡会で探す、ということが普通になってくれれば良い。

 

(TBSハウジング渋谷東京ホームズコレクション住宅展示場内のモデルルームの1棟を、キャットフレンドリーウィークエンドというイヴェント会場として猫の譲渡会に使うことができました)

 

バジクル疲れたね

 

物怖じしないチビチビもお疲れ

 

お客様は途切れることなくきていただきました

 

イヴェントの一環として美味しい紅茶とクッキーが無料で振る舞われ、エマ・ブリッジウォーターの素敵なティタオルやマグカップも購入できました。

: 地域猫・里親募集 : 23:48 : comments(0) :
覚書として 2

またもや更新が滞ってしまい一挙にまとめて覚書2にするしか書きようがなくなってしまい・・・

ついつい毎日のことをFBに綴ってしまい、写真はインスタに、思いついたことはtwitterに。

端末に支配される生活である。

 

さて、子猫達、友人が保護した2頭は兄弟でもらわれていき、無事にお試しステイも終了して正式譲渡となった。預かりをしてくれた友人が車も出してくれたので、夕方以降の涼しい時間を選んでお届けすることができた。(9月3日)

お名前はそれぞれ手前のキジトラがリオ(リオオリンピックにちなんで)と奥の茶トラがよしお(猫が大好きなお爺ちゃんが自分の名前をつけたから)だそう。兄弟でよかったね。こちらのお宅にiPhoneを忘れて帰るという大失態でしたが奥様のお勤め先が高田馬場で良かった。出勤途中で待ち合わせして無事手元に戻った。いかに端末に振り回されているか、再び味わう。

 

続けてやはり友人が保護中の3兄弟のお見合い。

2頭をご希望であったが遊んでいる3兄弟を見て悩みに悩んだ挙句、自宅にいらしたお母様に電話で相談。どの2頭を選ぶか、のご相談であったがお母様は悩むな、3頭貰えばよし、とのお返事。それを聞いたお見合いにいらした方の嬉しそうな顔!!

私たちも嬉しかった。お届けしてから程なく正式譲渡になり、本当に嬉しかった。

これは全て先月のご報告。

 

一方で多くの猫達に餌をやり、頭数がハンパない餌やりさんがいると夏頃からご相談を受けていた案件。

夕方から約1時間半噂の現場で待ち続けついに餌やりさんに遭遇。

歌舞伎町地域ねこの会、たくさんの子猫を保護してくれていた友人、猫花ネットの代表の方、神田上水公園サポーターのIさんなどのお手伝いで8頭を捕獲手術した。メスオスの内訳はちょうど半分ずつ。手をつけて良かった。まだまだ続きがあるが10月に入ってからあまりに忙しいのでさらに計画を練って進めたい。

手伝ってくださる皆さんいつもありがとう!!

 

保護したら必ず譲渡。無計画な保護はしない。あくまでメインはTNR。事前にご近所に周知し、最寄りの交番にも届け出ます。

今改めて認めておく。

 

今日は新宿ふれあいフェスタでペット防災を訴えるブースを昨年に引き続き出展。この件はまた改めて。

昨年よりもたくさんの方がテントを訪れてくださいました。

: 地域猫・里親募集 : 21:49 : comments(2) :
覚書として 1

JUGEMテーマ:ペット

我が家で1ヶ月以上保護していた子猫たち4兄弟および預かりをいつもお願いしているEさん宅のブラック2兄弟ともにすべて正式譲渡となった。

長い道のり。猫ブームってどこで吹いている風なの?と思わずため息をつきたくもなるような。

近所で保護したおちびさんも、もうちびでもなくなり、「そこそこ」さんに。

でも今日はそのそこそこさんを神楽坂までお届けしてきた。

ご主人は襖や掛け軸の修理をしている職人さんで、そういう話が大好きな私はなんとなくウキウキ。

神楽坂で地域猫活動をしているIさんのご紹介。

動物活動をするなら何よりもまず人間関係を大事にね!!

ブラック2兄弟は42825さんご紹介の方のお家へ

 

そこそこさんなんて言ってごめんね。甘えん坊で超可愛いんです

 

なんどもリカバリーTNRをしている場所でも子猫2頭連れのママ猫捕獲。一網打尽だ。

ママは不妊手術してリターン。

この子猫たちも嵐の合間を縫って明日お届けするのだが、実は昨夜、用意しておいた冷やし中華の具である焼き豚の食べ放題をしてしまい(私の不注意なのは間違いない)、今日からそろって下痢である。お届け前にE先生に診てもらうしかなさそうだ。

 

覚書だから少し時間がたったが、餌やりさん(お庭で餌やりしていてトイレも設置)がお隣さんから苦情を受けた件でボランティア仲間と苦情宅に伺った。

最初は玄関先に出てきてもくれなかったが、話を聞いて聞いて聞きまくっていたら出てきてくれた。人として相性が悪いことが根本原因のようだ。「あんたたちもご苦労様ね」と言われて帰った。

 

一昨年から続けている新宿区内の小学校のサマーセミナーで地域猫の話をした。手を替え品を替え、スライドショーを見たり、猫のお面を作ったり、ちょっぴり学術的に猫について学んだり、お面をかぶって自ら猫役になってお芝居に参加したり。このプログラムを毎年すこしずつ手直しして良いもにしながらできるだけ長く続けられたらいいと思う。

 

 

: 地域猫・里親募集 : 21:41 : comments(0) :
4兄弟にあたらしい家族募集中
JUGEMテーマ:ペット
















生後5週間くらいの時からお預かりしている子猫の4兄弟。そのうち長毛の一番人気間違いなし、の子から里親募集サイトに掲載したのだが・・・まさかの、初めてのお問い合わせ0。
納得できない。
が、可愛いことこの上なし。
考えてみたらまだこのブログにも記事を書いていなかった。
地道にまめに情報を更新してあたらしい家族募集中のお願いを広めないと。
もちろんトイレ躾済み。ノミダニとり、検便などの体調管理は万全。人懐っこい子とちょっとシャイな子がいますが、人間との信頼関係はバッチリできています。
ワクチンなどについてご質問があればこのBlogのメールフォームからお問い合わせください。


記事はこちらにあります。
http://www.pet-home.jp/cats/tokyo/pn110540/

新クマコことビリーはこちら
http://www.pet-home.jp/cats/tokyo/pn110897/

他の2頭ももちろん大募集中

女の子

女の子 被毛は長め

茶トラはみんな男の子です

メールフォームよりお問い合わせください。
: 地域猫・里親募集 : 13:46 : comments(0) :
2013年からの1丁目
あれから3年。猫が多く活動者がいない地域。そこにTさんという方が見るに見かねてこつこつと手術を始めてくれた。
新宿区保健所と地域の出張所で「ねこなんでも相談会」を開いて地域での活動の需要の掘り起こしを図ったのが3年前なのである。
しかし「猫の苦情はない」と当時の町会長に一蹴され、民生委員も「猫だけはかんべん」で押し切られた。
それから3年・・・
餌やりさんからの依頼で歌舞伎町地域ねこの会のみなさんとコラボでTNRをすることになった。
実はこの間誰も手をつけていなかった訳ではなく、西新宿地域猫の会もここに分入ってくれていた。
情報交換は猫のことだけではなく、夜食に何を食べたか、どこのトイレを借りたか、まで。
辛いだけのTNRはごめんだ。
昨年中に豊島区の動物愛護推進員の方と歌舞伎町地域ねこの会とで10頭以上の猫のTNRそして子猫4頭の保護譲渡。
今年に入ってからも4月中に2回、捕獲とそのリカバリーを繰り返した。
そしてそのTNRにはどうぶつ基金のチケットを申請し使わせていただいた(5枚申請してすべて使用)。
どこでもボランティアは資金繰りに苦労しており子猫の保護にはまた大金がかかってしまう。
理解ある獣医さんが身近に増え、またどうぶつ基金のような団体のサポートがあるのはありがたいことである。

保護子猫たちは明日兄弟で譲り受けたいというファミリーとお見合い。
片方の姿が見えなくなるとすぐに鳴いて呼ぶべったり兄弟に願ったりかなったりのお話です。


 
: 地域猫・里親募集 : 23:13 : comments(2) :