<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
bookmark.
about.
管理人へのメールはこちらから。リンクの際はご連絡ください。 sindy_tをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
other.
年頭の覚書

昨年11月に保護した子猫と8月に保護していた乳飲み子、年を越してようやく譲渡先が決まった。こんなに長くかかったことはなかったのでハラハラしたが焦らずにチャンスを待って良かった。

誠実な里親募集をすれば誠実な里親さんが必ず見つかる。これ以上は望めないほど素敵なお家の子になりました。

8月に淀橋市場で保護して以来、ほぼ半年を我が家で過ごしたバジルとクルトン改ソルとマール(里親さん宅で)

 

ヤマネ君(現在はロニー)と来週お届け予定のマヌルちゃん

 

みんな無事に巣立ってくれて嬉しい。

 

そして新たな里親さん募集猫さん。それぞれ事情があり経緯も異なる猫さんたちです。

 

体重4.4Kgのオスのホワイトペルシャ。仮名はマルちゃん。

年齢は不詳ですがわかり次第アップします。

最初は怯えていましたが今は抱っこもブラッシングもできます。

ペルシャは大柄ですしブラッシングなどのケアに手がかかります。

ご理解いただける方に。詳しいことはこのブログのmail formからお問い合わせください。

 

可愛い可愛いちぃちゃん。この子はなんとお屋敷の塀と塀の間に挟まれて身動きが取れなくなっていたところを親切な方に発見されて出動した警察官によって大事に大事に保護されました。それで私たちの間では「出所猫」と呼んでいます。4〜5ヶ月。不妊手術済み。

ちょっとお習字の練習してたら失敗しちゃったみたい、な柄の女の子。

お問い合わせはmail formで。ペットのお家に掲載予定です。

: Cats : 23:33 : comments(0) :
ココはまだ一緒
JUGEMテーマ:ペット

ココは小柄な猫で近所のうさぎを飼っているおばあさんの玄関前に半ば倒れるようによりかかっていたんだっけ。
娘が不憫に思ってご飯をあげたりニボシを与えたりした。
するとおばあさんは「猫を引き取ってよ。お子さんがご飯あげたんだから。」と家まで言いに来た。
「よござんすとも。もちろん望むところです。」

その後うさぎを亡くしたおばあさんは心に変調をきたし、なんとうさぎの代わりに猫を飼い始めた。
バスケットに入れっぱなしにして。
おばあさんと猫の両方の面倒をみにほとんど毎日通ったが、結局外猫にしてしまい、自分は交通事故にあって入院。そのまま帰らぬ人となった。
猫は近所の方が面倒を見てくださっていたがなんとおばあさんの骨揚げの日に忽然と姿を消してしまい、いくら探しても見つからなかった。面倒を見ていたお家の奥さんはそれでペットロスになってしまうほどだった。

ココの裏にはこんなストーリーがあった。
はじめて猫というものを飼ったのは白猫のサティちゃんが最初。
もう我が家の猫でサティを知る子はいなくなった。

ピーが亡くなった時はすぐにお皿を5枚にできたのに、ココが亡くなっても、お皿の数を間違えてしまう。4枚ではなく毎朝5枚出してしまう。
だからきっとココちゃんはまだわたしのそばにいるんだろう。

シャワーにはいっていたとき両足の甲に温かい固まりがふっと乗っかったのはココちゃんなんでしょう?

最後まで気丈に歩いてトイレに行き、おむつをしなかったココ。
でも前日は何度も私の顔を見に台所まで来て何か言っていたでしょう?
そのたびにミルクをあげたね。4時間おきにミルクかお湯でといたペーストのお魚をあげて、
まるで乳児にもどったみたいだった。
この日には私はもう分かっていたような気がする。ココは明日お別れする気なんだろうって。

長い間ありがとう。本当にありがとう。
お迎えに来てくれたサティちゃんもありがとう。
一緒にいてくれてありがとう。
You are absolutely great!!

 
: Cats : 15:50 : comments(2) :
あーたん可愛いや
JUGEMテーマ:ペット
あーたんは変な猫だ。段ボールに入れられて我が家の玄関前に置き去りにされた猫だ。
貰い手のつかなかった猫だ。
というより早くに貰い手探しをあきらめてしまったのだ。
Kikiが子供代わりにしてとても可愛がっている。今でも!!
この子はその後、新しい猫が増えるとまっさきに挨拶に行き、率直過ぎるやりかたで受け入れたので、後から来た猫たちもあーたんには心を開いていしまう。
先日アタミーズ(ルーシーの兄弟犬)が我が家に来た時も、大人しく抱かれたまま次々と犬たちの鼻に顔をつけて挨拶していた。

変な顔と変な鳴き声で石持ちでアトピー持ちのあーたん。いつまでも赤ちゃんと思っていたらもう9歳になった。









でもやっぱりいつまでも私たちの赤ちゃん。
 
: Cats : 21:04 : comments(4) :
Hotな写真集
JUGEMテーマ:ペット
暑いときの動物の寝姿は率直。
面白がってシャッターをおしていたら貯まってきた。
里親さんたちからもお写真をちょうだいしているので、本日は一挙に公開。
見ると余計に暑くなる?


暑いと体をねじる子が多い。柚ちゃん長毛なので暑かろう。


ニコルちゃん、ここきっと家の中で一番涼しいんだよね?
猫は居心地の良いところを探す天才なの!!


踊りねんねのKikiちゃん。すべてが可愛いと思うのは飼い主だけ?


ルーシーはアルミのクールボード(これ冷たくて気持ち良いです)を敷いたケージの中で
クールワンという特大アイスノンを枕にして寝ます。

最後に、暑いのにぴったりくっつく仲良し2匹。

Kikiはルーシーの前足に両手をのせて枕のようにしています。
愛情深くて賢いKikiです。 
: Cats : 13:47 : comments(2) :
2月22日は猫の日
JUGEMテーマ:ペット
地域猫活動のおかげで野良猫の数は一見、減っているようだ。
しかし動管に持ち込まれて殺処分される猫の数はまだまだ多い。
犬のそれが大きく減ってきているのに比べると、であるが。
唯一野良猫の数が減ってほしい、というのが活動家にとっても、猫被害に会っている人や猫嫌いの人にとっても共通の願いである。

猫と犬を比べて「どちらが好きか」と聞く人がいる。
質問自体がナンセンスだ、と答える。


Kikiは我が家の猫の要。お話できるし犬とも仲良くする努力をする。


王様。


去年里親募集をした子猫たち(の一部)。

我が家の猫も、里子に出た猫も、どんな猫もみんな幸せでありますように。 
: Cats : 23:29 : comments(4) :
流れ星のちこっぺ
JUGEMテーマ:ペット
ちこの具合が悪くなると大変である。
病院でキャリーバッグから出てからは

がらがらへびが乗り移ったワイルドキャット

と思ったほうが良い。
(4年前の苦労も読んでくださろうという方は
こちら

最近少しやせてきた。下痢も繰り返したので内臓に何かできていやしないか、リンパ腫か、などなど嫌なことが頭を駆け巡り、動物病院へ行ったのである。
沈静ではなく麻酔を打った。
「お互いのためにこのほうが良い」と先生。
その代わりエコーからはじまって、ありとあらゆる検査、診察、爪切りから歯石落としまでして、リーダーをあてるだけで体温の分かるマイクロチップもいれてもらった。

結果、便から螺旋菌がでただけで、他は全く健康とわかった。
良かった。
流れ星のちこっぺにはいつまでも元気な王様でいてほしい。

病院では狂暴だけど、先生はちゃんとわかってくれていた。
「いったいこんな猫どうやって飼ってるんだろうって思う人もいるけど、家では良い子で甘えん坊なんだよね。」と言ってくれた。
家に帰ったらもうごろごろ言いながら甘えて抱っこをせがんで、
さっきまでのがらがらへびが乗り移ったワイルドキャットと同じ猫とは思えないのだった。


眠りながら泡を出すちこ
: Cats : 15:59 : comments(4) :
チコちゃんのほっぺ
JUGEMテーマ:ペット
ねぇねぇ、ほっぺになに入ってるの?



「教えてあげないよ」
 
: Cats : 22:25 : comments(2) :
チャコちゃん手術
我が家で一番若い猫チャコ。若いながらもエイズキャリアのため、一番心配なチャコ。
突然夫が首にぐりぐりができているのに気がついた。大きい。
どうして今まで気がつかなかったんだろう。
昨日手術を無事に終えた。
りんぱ線か、と疑われたが、開けてみたら唾液腺だった。
いずれにしても病理に出していただいて、正体を確かめたい。
どうかなんでもありませんように。

いつも大人しい子なのに、手術が終わってお迎えに行ったらイリオモテヤマネコのようになって怒っていた。看護師さんが「怒ってる」とおびえるくらい。「チャコちゃん、ママよ。お迎えに来たよ。」と言うと「ヒエ〜〜」と鳴いていつものチャコにもどった。

: Cats : 23:09 : comments(0) :
猫かわ
今日は猫かわ写真です。手抜きではありません。
本当に可愛いんです。


チコとアータン


のぞくチャコ


Kikiとアータン


ちょいぼけばあちゃんのCoco


無敵の子猫(すでに里子にでました)

早朝、アヤちゃんのお庭に来る子猫を見に行ってきた。これなら来月あたり手術ができそう。もう少し手なずけてから一斉に捕獲して手術予定。
そのあとはアヤちゃんがご飯をあげてトイレも始末してくれるので安心。
良かった。
: Cats : 13:16 : comments(0) :
釜乗り注意報発令!!
もうじき6月というこの時期に珍しい猫の釜乗りが、Sindy@家で観測されました。ここ10年の観測史上、5月終盤に入ってからの釜乗りは初めてで、大変珍しい現象だということです。

: Cats : 19:54 : comments(2) :