2月のうんうんWALK

  • 2017.02.20 Monday
  • 22:50

19日日曜日は今年に入って早くも2回目のうんうんWALKになりました。

綺麗好きなシルバー人材の方達のおかげで公園はとてもクリーン。

ありがたいです。

 

寒いのでそれぞれなりに防寒着に身を包んでいます。

 

この子はメンバーではありませんが毎朝会うオシャレさん。なぜって飼い主さんはテイラーさんなので

服は全部お手製です。

 

この日は7名参加。

お疲れ様でした。

 

さて、公園清掃が終わりルーシーと家路につく途中、ノーリードのプードルとウンチ袋を持たないおばあさんにばったり。聞けば犬はまだ2歳、おばあさんは70過ぎ。どうするんだろうこの先。少しお話して見送ったがなぜか気になってもう一度そこに戻ったら案の定、放置フン。今拾ってきたばかりだ、また拾えばよし。

しかしおばあさんとプードルはどうなるの?

今年最初のうんうんWALK

  • 2017.01.29 Sunday
  • 16:55

2017年を迎えて早くも1月が終わろうとしている。

今日の日曜日は今年初のうんうんWALK。

総じて新宿区側は毎朝シルバー人材の方達がお掃除していらっしゃるので、大変綺麗。

タバコの吸い殻とたまに見つかる犬の落し物を拾うだけ。

2月18日には新宿区保健所衛生課の主催でペット防災連続講座の一環として「ペットと避難所生活 いまから飼い主にできること」

のチラシも配りながら。

 

 

トングにペットボトルにゴミ袋。みんなカッコいい!!

 

本日は6名参加。

お疲れ様でした。

 

年頭の覚書

  • 2017.01.28 Saturday
  • 23:33

昨年11月に保護した子猫と8月に保護していた乳飲み子、年を越してようやく譲渡先が決まった。こんなに長くかかったことはなかったのでハラハラしたが焦らずにチャンスを待って良かった。

誠実な里親募集をすれば誠実な里親さんが必ず見つかる。これ以上は望めないほど素敵なお家の子になりました。

8月に淀橋市場で保護して以来、ほぼ半年を我が家で過ごしたバジルとクルトン改ソルとマール(里親さん宅で)

 

ヤマネ君(現在はロニー)と来週お届け予定のマヌルちゃん

 

みんな無事に巣立ってくれて嬉しい。

 

そして新たな里親さん募集猫さん。それぞれ事情があり経緯も異なる猫さんたちです。

 

体重4.4Kgのオスのホワイトペルシャ。仮名はマルちゃん。

年齢は不詳ですがわかり次第アップします。

最初は怯えていましたが今は抱っこもブラッシングもできます。

ペルシャは大柄ですしブラッシングなどのケアに手がかかります。

ご理解いただける方に。詳しいことはこのブログのmail formからお問い合わせください。

 

可愛い可愛いちぃちゃん。この子はなんとお屋敷の塀と塀の間に挟まれて身動きが取れなくなっていたところを親切な方に発見されて出動した警察官によって大事に大事に保護されました。それで私たちの間では「出所猫」と呼んでいます。4〜5ヶ月。不妊手術済み。

ちょっとお習字の練習してたら失敗しちゃったみたい、な柄の女の子。

お問い合わせはmail formで。ペットのお家に掲載予定です。

2016年最後のうんうんWALK終了しました

  • 2016.12.26 Monday
  • 17:21

今年もあと数日。カレンダーは変わるがやることは変わらない。

年内のうんうんWALK、迷っているうちに年の瀬。

公園サポーターのあり方も公園課との話し合いの元形を変えていく。

さて来年はどうなるのでしょうか。

今年ご協力いただいた皆様、来年もまたよろしくお願いします。

 

 

これこれ、1列に匂いを嗅ぎ合うでない

 

6名参加。

ありがとうございました。

行き場のない動物に新しい家族を探すこと(譲渡会にお誘いいただいて)

  • 2016.12.05 Monday
  • 23:48

私はそもそも捨てられている子猫の保護から地域猫活動に入り、遅れ遅れのTNRをしてきたので、後から始めた人の振り見て我が振り直すようなところもしばしばであった。今ではよほど要領の悪いことをしてさえいなければ、やり方はそれぞれで良いと思う。ただ広報することと交番への届出、情報収集は鬼のようにした方が後々楽であると思う。

元栓を閉めて啓蒙もするが一緒にやってみたいという人にはお目にかからないものだ、滅多に。

もしかしたら情報収集やポスティングをしている時の私の目が血走っているのかもしれない。

 

どうしても子猫が生まれてしまっている現場があり、今年は特に気候に変動をきたしているせいなのか、猫の出産も変動しているようだ。親猫を捕獲手術する際子猫もおまけについてきたりする。子猫だけ放っておくということはやはりできない。第一貧乏性なのかせっかく入った猫をその場で戻すということが勿体無くて出来ないのである。

 

それで保護したてはほとんど病気持ちか、数々の寄生虫を宿した小さな連中を綺麗にして病気の治療もして英語で言う所の「forever home」を探す。その大変さと言ったらない。不幸な猫再生産にならないようにありとあらゆる手を尽くし、ようやくこの人なら、というところにたどり着く。たどり着くまでやる。でないとボランティアの家は猫屋敷になる。

 

だから今回の猫の譲渡会へのお誘いは大変嬉しかった。たとえ今回は決まらなくても、そういう道がもっと開けてくれば良い。そして猫を飼いたいならペットショップではなく、譲渡会で探す、ということが普通になってくれれば良い。

 

(TBSハウジング渋谷東京ホームズコレクション住宅展示場内のモデルルームの1棟を、キャットフレンドリーウィークエンドというイヴェント会場として猫の譲渡会に使うことができました)

 

バジクル疲れたね

 

物怖じしないチビチビもお疲れ

 

お客様は途切れることなくきていただきました

 

イヴェントの一環として美味しい紅茶とクッキーが無料で振る舞われ、エマ・ブリッジウォーターの素敵なティタオルやマグカップも購入できました。

11月のうんうんWALKと12月の花植え

  • 2016.12.04 Sunday
  • 22:32

公園サポーターの歴史については以前の記事で書いた。

http://mydearest.lovedog.mods.jp/?eid=859830

2001年発足時後比較的早く公園サポーターになったので長い間公園課にはお世話になってきた。

時が経ち、この制度も変質しかけていたが今一度原点に戻り、新宿区の事業である地域猫活動を絡めて見つめ直す時がきたと思う。

それは毎年行われている新宿区の主催するセミナーにおいてもしかりであった。

原点を見つめ直すと同時にブラッシュアップして良いところは残したまま進化させていくということである。

不都合や見直すべき点をなおざりにしていると制度そのものにあちらこちらからヒビが入り劣化してしまうだろう。

そんな曲がり角に来たサポーター制度と地域猫である。

 

地域猫パネル展示

 

ストックとパンジー。このほかにデイジーも。

 

お花を植えていたら、「公園サポーター」という腕章を見て、「いつもありがとうございます」と声をかけてくれたイタリアングレーハウンド飼い主さん。ものすごくおしゃれなセットアップ着てました。

 

11月27日公園清掃 7名参加

12月4日 公園花植え 3名参加

 

いつもありがとうございます。 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM